1. ホーム
  2. 整形外科

整形外科

診療内容

骨折、捻挫、打撲などの外傷、頸部痛、腰痛、関節痛などの変性疾患、関節リウマチ、骨粗鬆症、スポーツ障害、職業性疾患、腫瘍性疾患など。
痛みや、不快な症状の原因は様々です。痛みの原因を探り適切な処置をいたします。

創 湿潤療法

当クリニックでは、創傷治療に、特殊フィルムを使った湿潤療法を取り入れています。
現在でも多くの方が、怪我をしたら消毒をした後ガーゼで保護する治療法を行っていると思います。
しかし、今日では湿潤療法という治療法が普及しています。

湿潤療法とは

創傷(特に擦過傷)や熱傷などの皮膚潰瘍に対し、従来のガーゼと消毒薬での治療を否定し、「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則として行う治療法です。

特徴

当クリニックでは、湿潤療法を取り入れ多くの講演をされている夏井先生の治療法を参考にしています。
湿潤療法の特徴は「早く治る」「消毒より痛みが少ない(水で汚れを洗い流しますので全く痛くないということはありません。)」ところです。
主流のガーゼをあて消毒する治療は、むしろ治療スピードを遅くしています。
また、消毒液は患部の雑菌を殺す作用がありますが、同時に皮膚の再生に必要な細胞も殺してしまいます。
傷、やけどを「なるべく早く治したい」「少しでも痛くない方がいい」という場合は当クリニックへお越しください。

参考ホームページ

 新しい創傷治療「消毒とガーゼ」の撲滅を目指して

巻き爪(陥入爪)矯正

当クリニックでは巻き爪の治療にも積極的に取り組んでおります。
巻き爪は皮膚の中でも爪が伸びてきて痛み、細菌感染などを起こしやすく、いつまでも滲出液が出たりして不愉快なものです。
当クリニックは爪の状態に合わせて、主にマチワイヤを使用した治療を行っています。巻き爪でお困りの方はお気軽にご相談ください。

巻き爪とは

主に深爪により発症するもので、爪が伸びて角が皮膚に食い込んでしまい、その結果炎症を起こして赤く腫れ痛んでしまいます。その炎症と感染を繰り返した状態です。

治療法の特徴

当クリニックでは、陥入爪治療の第一人者でもある町田先生の元で学んだマチワイヤを使用した治療をしています。
この治療法の特徴はまったく痛くないところです。
装着も簡単で化膿していなければ、運動・入浴もできます。もし、巻き爪で痛くない治療をしたい、と思っているならぜひご相談ください。
 治療の際には爪の伸びた部分が必要になります。

参考ホームページ

 多摩メディカル(マチワイヤの製造、販売元)
 足と靴の医学 / 整形外科医師 : 町田英一

主な装置

骨密度診断装置

レントゲン設備(FUJI FCR XL-1)